FC2ブログ

Unityで!できるだけ簡単にゲームっぽくうちの子を走らせてカメラで追う!

Unityがあればプログラムしたことないデザイナーでも簡単にプロトタイプが作れる!→スクリプトをいじりましょう

うがーー!!

というわけでできるだけスクリプトをいじりたくないてねひむがうちの子でゲームっぽい物を作りたい備忘録です。




①自作キャラが走り回るようにする


キャラクターが走り回るというだけでもぐぐるといろんなやり方が出てきて困惑しますが、その中で一番わかりやすそうな物を紹介しておきます。
複雑なことがしたいならいろいろググっていろいろ試してね。

サードパーソンキャラクター02

自分用備忘録としていつも雑なスクショメモを作ってますが、雑です

Unity画面上部のメニュー、「Assets」から、インポートパッケージ→キャラクターズ
でキャラクター関連のスタンダードアセットを読み込みます。


サードパーソンキャラクター
1.よみこんだスタンダードアセットの中からThirdPersonControllerというプレハブをさがしてヒエラルキーにD&D
2.すると画面にメガネおじさんが出てくるので、ヒエラルキー内ThirdPersonControllerの中にあるおじさんを削除、かわりに動かしたいキャラをD&Dで入れます。
3.ThirdPersonControllerを選択し、右側のインスペクター設定画面で、アニメーターのアバターという項目に、動かしたいキャラを選択します。
4.お好みで、インスペクターのカプセルコライダ項目をいじります。いわゆる当たり判定
センターがカプセル中心位置で、Radiusがカプセル半径、Heightが高さ

ここまでやるとキャラが自由に動かせるようになります!感動!
操作はいつもの「ASDWで前後左右移動、スペースでジャンプ」もしくは「XboxコントローラーLスティックで移動、Yボタンでジャンプ」
らしいです。

地面の配置は忘れずに…


②カメラがキャラを追うようにする

上を試してみたらわかりますが、なにも設定しなければ当然カメラは動きません。
キャラが画面外に出たらなにもできなくなっちゃいます。

まず下準備としてシーンのデフォルトで入っているカメラを削除します。
カメラが複数あったらどっちを使っていいのかわからなくなっちゃいますからね

次に、上で作ったキャラクターを選択し、インスペクター設定の上の方にあるタグを「Player」に変えておきます。
そうすると、これから追加するカメラが「Player」を追いかけるようになります。

フリーカメラリグ01
下準備ができたら、
Unity画面上部のメニュー、「Assets」から、インポートパッケージ→カメラズ
カメラ関連のスタンダードアセットを読み込みます。

追加されたアセットの中からFreeLookCameraRigを探し、ヒエラルキーにD&D

基本的にはコレでもう動くはず!
あとは各種調整です。

ヒエラルキーのFreeLookCameraRigの中にある、「Pibot」のインスペクターで、カメラが見る位置の調整ができます。
背が小さいキャラ、高いキャラなどにあわせてY軸の高さを調整しよう。

フリーカメラリグ02
ヒエラルキーのFreeLookCameraRigを選択するとインスペクターでいろんな設定がいじれる
UpdaTypeを変えるとカメラの追いかけ方がスムーズになったりする(各種効果はわからん)
あと動きのスピードとかスムージング量とかをいじって好みのカメラにしよう

フリーカメラリグ03
ヒエラルキーのFreeLookCameraRigの子供の子供、「Main Camera」のポジションZをいじると、キャラとカメラの距離をいじれるらしい




ここまでできれば「ゲームでよく見るそれっぽいカメラワーク」の完成だ!!
…マウスでカメラを回すことはできるけど、Rスティックで周りを見渡すやり方がわかりませぬ…たすけて………


© Unity Technologies Japan/UCL
スクショ内の一部にユニティちゃんを使用しています
かわいい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てねひむ

Author:てねひむ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード