スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

blender機能メモ:リジットボディ

自分用メモ
まとめておかないと確実に忘れてしまって、自分でやったことが再現できなくなるっていうかなりさみしい自体になってしまうやつやこれって思ったのでまとめておきます

今回作ったのはこんな感じになります
タブレットPC(東芝S68)だけでもこんな感じのが作れるんだなーって感じ

というわけで作り方です

スクリーンショット (64)2
(こんな感じに自分だけがわかるようなメモをつくっとります)
まずは①のところ
昔はここをブレンダーゲームってやつにしないと剛体シミュレーションが使えなかったらしいのですが、
最近のバージョン(我が家は2.72)では気にしなくてもよくなったらしいです。
今は関係ないけどこのブレンダーゲームって項目でゲームの作成ができるらしいよ

つぎに②
通常の手順で新しくスフィアを作成して、それを選択状態にします。


スフィア選択状態で物理演算タブを選びます。


剛体を選んで…

⑤アクティブを選ぶ。

ここまでやれば物理演算の設定は完了
タイムスライダーの再生ボタンを押せばスフィアが重力に負けて落下するよ!

しかし落下するだけのものを眺めていてもつまらないという場合は、ほかにいろいろなものを追加して遊べます

例えばプレーン(ただの板)を新しく作り、落下するスフィアとぶつかるところに置く
上記④まで作業
⑤でアクティブの代わりにパッシブを選択
するとパッシブは重力で落下したりしないけどアクティブに設定されているものをはじいたりします。
(物理演算タブ内の摩擦や弾性を適当にいじって遊んでね)

トップの玉ころがし動画みたいにレールを作って遊ぶ場合は、レールのほうの剛体コリジョンをポリゴンに設定しましょう
初期設定の凸包だとくぼみ部分のあたり判定がおかしくなってうまく転がらないよ


パッシブに設定したオブジェクトは、物理演算タブ内のアニメーションにチェックを入れると
キーフレームアニメーションができるようになるよ

玉ころがし動画のエレベーターのやつはこれで動かしてます。

スクリーンショット (73)2
こちらは自分が悩んでた部分
長い玉ころがし動画を作ろうとしてタイムスライダのフレーム数を増やしても途中で物理演算が止まってしまってこまってた
タイムスライダとは別に物理演算の計算フレーム指定があるんだね

スクリーンショット (74)2
こちらは物理演算と関係ないけどメモ
キーフレームアニメーション時にグラフを選択した状態でnキーを押すと右メニューが出てきます。
この中の反復モデファイアーをグラフを選択した状態で設定すると一ループだけキーを打ったアニメーションをずっと繰り返すぞ

今日のところの覚書はこんな感じ
なんに使えるかわからないけど、もしかしたらロボ子さんが壁をばこーんって吹っ飛ばす動画とか作れるかなー?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

てねひむ

Author:てねひむ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。